top of page
IMG_0776.JPG

オペラジャーナリストの
   倫敦だより

「オペラジャーナリストの倫敦だより」はロンドン在住のオペラジャーナリスト、内田美穂/Miho Uchidaが現地よりオペラやクラシックコンサートのレビューや歌手へのインタビュー記事をお届けするサイトです。

Home: Welcome

ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)の『ローエングリン』

Lohengrin by Wagner at the Royal Opera House ワーグナーの『ローエングリン』は楽劇『ニーベルングの指輪』4部作直前に作られた最後のロマンティック・オペラで、騎士の武勇、女性の純潔、民衆による愛国心というドイツ中世社会の典型的なテー...

ロイヤル・オペラ・ハウス (ROH)の『カルメン』

Carmen by Bizet at the Royal Opera House 奇才、バリー・コスキーの新作『カルメン』が話題になっていたので首を長くして鑑賞に行く日を待っていた。この作品は好きな人と嫌いな人がはっきり二つに分かれていたので、私は自分がどちらに属するのかを...

ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)の『マクベス』

Macbeth by Verdi at the Royal Opera House 「さすがはネトレプコ」と恐れ入ってしまったのが、今シーズンのROHの『マクベス』だ。フィリダ・ロイドの2002年演出作品の3回目のリバイバルである。ROHの音楽監督であるアントニオ・パッパー...

ガーシングトン・オペラ音楽祭 2018

Garsington Opera Festival 2018 2018年5月31日-7月22日 https://www.garsingtonopera.org/ ガーシングトン・オペラ音楽祭はグラインドボーン音楽祭に次いで古くから続いているカントリーハウス・オペラの一つだ。...

ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)の『トスカ』

Tosca by Puccini at the Royal Opera House プッチーニの『トスカ』は、1900年1月にローマで初演されたが、同年7月にはロンドンのロイヤルオペラハウス(ROH)で公演された。以来ROHでは毎年といっていいほど上演されるお馴染のレパート...

ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)の『リゴレット』

Rigoletto by Verdi at the Royal Opera House 『リゴレット』の初演は1851年、イタリア・ヴェニスにあるフェニーチェ劇場で行われたが、当時の観客に衝撃を与えた。それは、題材がスキャンダラスだったこともあるが、ヴェルディ自身が「革命的...

ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH) の『ラ・ボエーム』

La Bohème at the Royal Opera House ロイヤル・オペラ・ハウスが43年ぶりにプッチーニの人気オペラ『ラ・ボエーム』の新しいプロダクションを制作した。1974年にジョン・コプリーによって演出された作品が、ROHにおける歴代1位のロングランであっ...

2017年度グラインドボーン音楽祭・ブレッド・ディーンの『ハムレット』

Hamlet by Brett Dean at Glyndebourne Opera 2017 グラインドボーン・オペラは英国の夏の風物詩であるカントリーハウス・オペラの代表だ。去年は、シェイクスピア没後四〇〇周年に因み、ベンジャミン・ブリテンの『真夏の夜の夢』とエクトル・...

デューク・オブ・ヨーク劇場 『ファリネリと王』

Farinelli and the King at the Duke of York’s Theatre 演技派男優として人気のマーク・ライランスが好演していると芝居好きの友人が絶賛してた、ウェスト・エンドの芝居『ファリネリと王』。何気なく話を聞いていたのだが、前号書いたイ...

Home: Blog2
Laptop Work

About

Miho Uhida/内田美穂
聖心女子大学卒業後、外資系銀行勤務を経て渡英、二男一女を育てる傍らオペラ学を専攻、マンチェスター大学で学士号取得。その後UCLにてオペラにおけるオリエンタリズムを研究し修士号取得。ロンドン外国記者協会会員(Foreign Press Association London)。ロンドン在住。ACT4をはじめ、日本の雑誌にて執筆中。

Home: About
IMG_6199.JPG

Contact

Your details were sent successfully!

Home: Contact

Subscribe Form

Home: Subscribe
bottom of page