IMG_0776.JPG

オペラジャーナリストの
   倫敦だより

「オペラジャーナリストの倫敦だより」はロンドン在住のオペラジャーナリスト、内田美穂/Miho Uchidaが現地よりオペラやクラシックコンサートのレビューや歌手へのインタビュー記事をお届けするサイトです。

 

   ロイヤル・オペラ・ハウス (ROH) の『運命の力』

La forza del destino at the Royal Opera House 今をときめくオペラ界の大スター、アンナ・ネトレプコとヨナス・カウフマンがロイヤル・オペラ・ハウスの『運命の力』で共演した。どちらか一人が出演するだけでもチケットは必ず売り切れるというが、このチケットは発売と同時に完売し、ダフ屋が売る値段が3000ポンド(原稿執筆時換算レートで約42万円)と噂が立つほどの人気だった。時に舞台をキャンセルすることのある二人だ。チケットホールダーの願いはただ一つ「どうぞキャンセルされることなく二人の舞台を観ることができますように・・」。 『運命の力』はヴェルディのオペラの中では『リゴレット』や『椿姫』などに比べて人気のある方ではないが、単独でも演奏される序曲や、心を揺さぶられるアリアや二重唱が散在する抒情的な悲劇のオペラである。オリジナルは1862年にロシアのサンクトペテルブルクのマリンスキー劇場の為に書かれたが、1869年にミラノのスカラ座での上演の為に改められ、現在ではこの改訂版が演じられることが多い。クリストフ・ロイ演出の

 
Laptop Work

About

Miho Uhida/内田美穂
聖心女子大学卒業後、外資系銀行勤務を経て渡英、二男一女を育てる傍らオペラ学を専攻、マンチェスター大学で学士号取得。その後UCLにてオペラにおけるオリエンタリズムを研究し修士号取得。ロンドン外国記者協会会員(Foreign Press Association London)。ロンドン在住。ACT4をはじめ、日本の雑誌にて執筆中。

 
IMG_6199.JPG

Contact

Your details were sent successfully!