IMG_0776.JPG

オペラジャーナリストの
   倫敦だより

「オペラジャーナリストの倫敦だより」はロンドン在住のオペラジャーナリスト、内田美穂/Miho Uchidaが現地よりオペラやクラシックコンサートのレビューや歌手へのインタビュー記事をお届けするサイトです。

 

オペラ・ララ『ニシダ島の天使』をROHにて世界初上演!主役シルビアを演じたジョイス・エル・コーリーにインタビュー!

Interview with Joyce El-Khoury who sang as Sylvia in the world premiere of Donizetti's L'Ange de Nisida at the Royal Opera House 今年7月にオペラ・ララがロイヤル・オペラ・ハウスにて世界初上演した『ニシダ島の天使』のコンサートは記憶に新しいが、そのライブが録音され、2019年に発売される。オペラ・ララは、知る人ぞ知る、非営利的なオペラ・カンパニーで、1970年代初めにアメリカ人、パトリック・シュミッドとイギリス人、ドン・ホワイトの2人によって創設された。歴史の中に埋没した19世紀のオペラの傑作を発掘し、蘇らせることを使命としており、その過程における学術的・音楽的発見を通してオペラ文化発展に貢献していることで有名だ。現在オペラ・ララの音楽監督を務めるのは巨匠マーク・エルダー氏で、『ニシダ島の天使』のコンサートでも指揮者としての敏腕をふるった。主役シルビアを歌ったのはソプラノの世界的な大スター、ジョイス・エル・コウリー氏だ。

 
Laptop Work

About

Miho Uhida/内田美穂
聖心女子大学卒業後、外資系銀行勤務を経て渡英、二男一女を育てる傍らオペラ学を専攻、マンチェスター大学で学士号取得。その後UCLにてオペラにおけるオリエンタリズムを研究し修士号取得。ロンドン外国記者協会会員(Foreign Press Association London)。ロンドン在住。ACT4をはじめ、日本の雑誌にて執筆中。

 
IMG_6199.JPG

Contact

Your details were sent successfully!