top of page
IMG_0776.JPG

オペラジャーナリストの
   倫敦だより

「オペラジャーナリストの倫敦だより」はロンドン在住のオペラジャーナリスト、内田美穂/Miho Uchidaが現地よりオペラやクラシックコンサートのレビューや歌手へのインタビュー記事をお届けするサイトです。

Home: Welcome

ガーシングトン・オペラ音楽祭 30周年記念

Garsington Opera Festival, 30th Anniversary Season ガーシングトン・オペラ音楽祭 30周年記念シーズン 2019年5月29日-7月26日 https://www.garsingtonopera.org/ 今年30周年を迎える夏の祭典、ガーシングトン・オペラは今シーズン新しい作品4本を披露する。スメタナの『売られた花嫁 (The Bartered Bride)』、モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』、オッフェンバックの『ファンタジオ』、そしてブリテンの『ねじの回転 (The Turn of the Screw)』だ。今年も演奏とコーラスはガーシングトン・オペラ・オーケストラ及び合唱団が務めるが、『売られた花嫁』のみ英国の音楽の開拓者として、また質の高いパフォーマンスで有名なフィルハーモニア・オーケストラが演奏を担当する。 皮切りはチェコの代表的な国民オペラとして名高い『売られた花嫁』。威勢のいい前奏曲はコンサートで単独に演奏されることが多いのでご存知の方も多いと思う。前回『ユージェニー・オネーギン』

ガーシングトン・オペラ音楽祭 2018

Garsington Opera Festival 2018 2018年5月31日-7月22日 https://www.garsingtonopera.org/ ガーシングトン・オペラ音楽祭はグラインドボーン音楽祭に次いで古くから続いているカントリーハウス・オペラの一つだ。ロンドンから西方に小一時間ほど車を走らせた所にある石油王ゲッティ・ファミリーが領するウォームズリー・エステート内に建つオペラハウスで毎夏開催される。 今年は新しいプロダクションを4作披露する。モーツァルトの『魔笛』、リヒャルト・ストラウスの『カプリッチョ』、ヴェルディの『フォルスタッフ』、そして現代イギリスの代表的作曲家セイワ-の世界初上演の『スケーティング・リンク』である。『魔笛』、『カプリッチョ』、『フォルスタッフ』はそれぞれモーツァルト、ストラウス、ヴェルディの最後のオペラであるところが興味深い。そして『スケーティング・リンク』はチリの作家、ロベルト・ボラーニョの書いた同名の暗黒小説をオペラ化したものであるが、英国出身の新進アーティストを応援することを方針に掲げているガー

Home: Blog2
Laptop Work

About

Miho Uhida/内田美穂
聖心女子大学卒業後、外資系銀行勤務を経て渡英、二男一女を育てる傍らオペラ学を専攻、マンチェスター大学で学士号取得。その後UCLにてオペラにおけるオリエンタリズムを研究し修士号取得。ロンドン外国記者協会会員(Foreign Press Association London)。ロンドン在住。ACT4をはじめ、日本の雑誌にて執筆中。

Home: About
IMG_6199.JPG

Contact

Your details were sent successfully!

Home: Contact

Subscribe Form

Home: Subscribe
bottom of page